それぞれのシステムには各役割が存在している

SEOはデパートで言う宣伝やチラシ配布の告知集客ポジション

ユニバーサル・デザイン(UniversalDesign)ユーザビリティと似ていますが、こちらは「できるだけ多くの人が利用可能であるように、製品、建物、空間をデザインすること」と定義されています。パソコンや回線の違いに左右されないことはもちろん、インターネットに不慣れな人や、目の不自由な人でもWebを利用できるように設計・制作することが大切です。ヒューマンインターフエイス人間と機械や器具などの接点のこと。

パソコンでいえば、ソフトウェアの画面やキーボード、マウスなどに当たり、直感的に操作できることが求められる人間工学エルゴノミクス(Ergonomics)とも呼ばれ、人間が取り扱う機械や器具などを、人間が使いやすいように設計や改良を行う学問の一分野「SUKUの法則」をデパートにたとえると……。SUKUの法則の4つのポイントは、Webの中で、それぞれどのような役割を果たしているのでしょうか。Webをデパートにたとえて説明していきましょう。

まずSEOですが、これはデパートでいえば宣伝をしたり、チラシを配布するなどの「告知・集客」に相当します。これにより質の高いユーザーを集めたり、ブランド価値を向上させたりするわけです。会社の中では広報や広告などマーケティングの根幹をなす部分を担っています。ユーザビリティ、KISSプリンシプル、ユニバーサル・デザインの3つは、デパートの店舗の設備やサービスに相当します。ユーザビリティは、受付や案内板、誘導表示などの役目を果たしています。多くのデパートには専門の案内係が配置されていますし、案内板も全階に設置されているのが普通です。非常口やトイレ、エレベータなどの誘導表示も欠かせません。
丁寧な説明とアドバイスだからWeb初心者でも大丈夫!風俗SEOのことなら全て任せて、自分自身の経験やスキルを別に使うことも1つの手です。WEBが苦手なかたにぜひ読んでもらいたいです。
今ではたくさんの人がサイトを開設したり、ブログを書いたりしています。せっかく続けているものも、やっぱり多くの人に見てもらいたいですよね?そんな方にもカンタンなロングテールSEO対策をご案内しています。


これでは、①どこにどんな情報があるか一目でわからない→②商品の買い方がわからないので購入を諦める→③ユーザーが逃げて行ってしまう→④自社のイメージダウンにつながる→⑤再びWebサイトに戻って来ない→⑥アクセス数が減るという悪循環が発生してしまうのです。ユーザビリティに優れたWebとは?。では、ユーザビリティに考慮し、訪れたユーザーを逃さないWebとは、どのようなものなのでしょうか。ポイントをまとめれば、次のような特徴が挙げられます。

サイトで商品を購入する場合、簡単に決済まで到達できる。操作ミスが減る・使い勝手がよく、直感的に操作できる。操作時間が減り、効率的に使える。再度、利用したいと考える。Webの増客につながる。自社のファンが増え、売上増、利益増になるつまりユーザビリティに考慮する、しないでは、そのWebそのものはもちろん、企業イメージにも大きな差が発生してしまうのです。

新着情報
2013/09/10 注目情報を更新しました。
2013/09/06 新着記事を更新しました。
2013/09/05 ユーザビリティを考慮を更新しました。
2013/09/02 新製品開発コンセプトを更新しました。
2013/08/31 利用品質を更新しました。
2013/08/29 4つのポイントを更新しました。
2013/08/28 SEOはデパートで言う宣伝やチラシ配布の告知集客ポジションを更新しました。
2013/08/25 ホームページをリニューアルしました。

オススメ紹介
業界初のSEO対策【ワンコインSEO公式サイト】パーフェクトSEOSEO対策 名古屋 オールワン
1日100円(月額3000円)でSEO対策をしてくれる企業のホームページです。月額2,980円の完全定額制!初期費用・追加費用は一切不要で企業や個人運営者をサポート!オールワンは、被リンク対策ツールなどを使わずに、全て手作業で行うSEO対策サービスをご提供します。